レトロゲーム漂流記

古今東西のゲームと名のつく物が大好きなので、レトロゲームに限らずゲームについてのよろず書きます。

イーハトーヴォ物語(SFC)と、その関連作品(宮沢賢治)

f:id:Omiso:20150920215517j:plain
1993年3月5日にヘクトから発売。
RPG(一応)。

これはもはやゲームという形をとった宮沢賢治作品の二次創作です。
ゲーム的要素はあんまりありませんので、該当する宮沢賢治作品を読んでから、宮沢賢治好きなひとが世界観を楽しむためにプレイしましょう。

宮沢賢治読んだことないとあんまり楽しめません。
また、それらの作品を読むことのできる年齢ならば制限なく世界観を楽しめるので、おとなもこどももおじいちゃんもプレイできるとおもいます。

ゲームをしたいんだよ!!という人にはおすすめしません。これはあくまで宮沢賢治作品の二次創作です。

では、イーハトーヴォ物語をプレイする前に読んでおくべき宮沢賢治作品をご紹介しましょう。

                                              • -

銀河鉄道の夜
猫の事務所
さるのこしかけ
貝の火
虔十公園林
カイロ団長
シグナルとシグナレス
オツベルと象
ポラーノの広場
土神ときつね
グスコーブドリの伝記
セロ弾きのゴーシュ
ありときのこ
二十六夜
おきなぐさ
雪渡り

                                              • -

めっちゃありますね。
ほとんど読んだことないし、読もうかなあ。
ゲームとしては面白くないので、雰囲気を楽しんでください!