レトロゲーム漂流記

古今東西のゲームと名のつく物が大好きなので、レトロゲームに限らずゲームについてのよろず書きます。

スクウェア・エニックスのFF・DQにおけるリメイクの流れ

老舗RPGメーカースクウェア・エニックス
以前はスクウェアとエニックスは別の会社でした。
この2つの会社の自社ゲームリメイクについてのおはなし。

まず初めにリメイクを作ったのはスクウェア。
ハードはファミコンです。
ニューファミコン」の発売に合わせて、ファイナルファンタジーI・IIというソフトを売り出しました。
内容にはほとんど手を加えず、一本のソフトで二つのゲームができるという内容です。

ニューファミコンそのものもこのソフトもあまり売れ行きはよくなかったようです。

自社ゲームリメイクを成功させたのはエニックスでした。

ファミコン版FF I・IIをそのままファミコンで作り直したのに対し、エニックスはゲームハードをファミコンからスーパーファミコンに移し、ストーリーはそのままにグラフィックやインターフェースを向上させたのです。
そうしてSFC版ドラゴンクエストI・IIが作られました。
ファミコン版では正面を向いたまま上下左右に動いていた主人公がSFC版ではちゃんと進行方向を向いて移動します。

ただこれも売上は悪いとは言えないものの、それほど伸びなかったようです。
革新的ともいえる、SFCリメイクでもっとも成功を収めたのが「ドラゴンクエスト3」でした。

SFC版ではファミコン版にはなかった「性格」や「新職業」、「ミニゲーム」「隠しボス」などの要素を加え、グラフィックやインターフェースの向上のみならず新要素を加えて新しくもう一度遊べるものを作り出したのです。

これまではほぼ「移植」ともいえる自社ゲームの作り直しソフトが「リメイク」へと昇華した瞬間であります。
数あるリメイクのなかでも、完成された素晴らしいリメイクソフトだとおもいます。

でも最近のスクエニさんは過去の遺産でリメイクを乱発しすぎではないでしょうかね!!